So-net無料ブログ作成
-| 2011年05月 |2011年06月 ブログトップ

無印良品の展示『84センチのひみつ』に行ってきた

無印良品の展示『84センチのひみつ』に行ってきました。

名称未設定.png
http://www.mujiyurakucho.com/atelier/index.asp

思っていた以上に小スペース(というか、普通にお店内の一郭にポツンという感じ)だったので、
最初見つけるのに苦労しました。^^;

それにしても、なるほど無印良品っぽい展示。
真っ白い垂れ幕に、整った行間の栄えるレイアウトで文字や写真が置かれており、
お買い物スペースとのギャップがない、落ち着いた展示場。

内容はタイトルの通り。
無印良品の収納家具に使われている「84センチ」の規格の成り立ちまでの歴史を綴るものでした。

元々、日本の住環境には一枚のお皿から一軒家まで、全て同じ寸法で図られており、
特に畳に関しては、地方や歴史によって違いがあれど、一間×半間の2:1比率で利用されています。
しかし、文明開化とともに西洋の規格が住環境にも取り入れられるようになり、
ここから日本独自の統一感のあった規格が段々と崩れていくようになります。

無印良品は’80年代から発足し、段々と住環境にまつわる収納家具に力を注いできました。
そこで彼らは混沌とした住環境スペースを問題視し、半間に納まる「84センチ(およそ畳の横幅)」を、
収納家具のサイズ規格として揃えることにしたそうです。

こうした背景を見た後で、
無印良品の収納家具を手に取ってみると凄い愛着を感じてしまいますね^^;
まずは大きな一棚買ってみて、後から色々と収納グッズを揃えてみようかな。

電球にIPv6 アドレスを割り振り「スマート・ライティング」を実現

――――――――
電球にIPv6 アドレスを割り振り「スマート・ライティング」を実現
http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=11/05/18/2332207
――――――――

この部分の技術が進歩したら、、、
玄関前についただけで部屋の電気が自動でついたり、
モバイル端末で消灯・点灯をスケジュール化できたりするのだろうか。

わくわく。

なぜAndroidのブラウザはChromeでないのか?

————————
なぜAndroidのブラウザはChromeでないのか?
http://jp.techcrunch.com/archives/20110517google-chrome-android/
————————

個人的に思うのは、、、

Firefox、ましてや、IEもSafariもOperaもスマートフォンやタブレット向けに頭一つ抜き出ているブラウザが出ていない以上、Googleは、"このタイミングで切り札を出すのは早い"と思ったのではないのかということ。先駆者はいつもAppleで、Googleはそれに関して劣等感を感じているとはあまり思えない。

スマートフォンの利用者が大半を占めた時、Appleはソフト面により一層の力を加え、
それを見てGoogleも動き出すんじゃないかと。

ある意味では、

Apple → 織田信長
Google → 徳永家康

という感じかな。

映画「八日目の蝉」を観てきた

八日目の蝉を観てきました!
狙ってなかったけど、5月の八日。しかも、母の日。笑
ネタバレにならない程度に感想を箇条書き。

image.jpeg

・井上真央はやっぱりラフな性格がハマり役。可愛い!
・永作博美、老けたけどやっぱり可愛い!笑顔素敵。
・井上真央と永作博美は似ているなぁ。
・まさかの劇団ひとり。うらめs、、、うらやましい。
・小池栄子の演技は賛否両論か。個人的にはあの演じ方は気になったかも。
・音楽は全体的にかなり好きだった。重めの内容を上手に軽くしてた。
・泣いたシーンが数回会った。それだけでも価値あった。
・八日目の蝉のタイトルが絶妙だと感じる内容だった。
・中盤を過ぎた辺りから展開が少なくて後半は少し飽きた。(徹夜明けの体調が原因かも)
・育ての親と生みの親。果たしてどっちが本当の親なんだろう。
・「○○に共感できた」ということに、答えを出せない内容だった。
・少なくとも子供には1割の責任もない。
・あの生みの親にはエゴしか見えない。

 育て親は明らかに犯罪を行ったことになるし、決して許されることではないと思う。「バレなきゃいいや」という思考はよくないと思うけど、「バレないうちは正義」って世の中にはいっぱいあるんだろうな。正直、自分自身答えの出ない映画だった。とにかく、久々に面白い邦画だった。

 そういえば、この映画を観る前に『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』とかいうアニメ映画を観た。誘われていったものなので、何のあらすじも知らないで観ていたけど、偶然にもこちらも子供の生育環境に通ずる話だった。

合わせてみるとなかなか面白いかも。
とりあえずオススメ。

ブログが続かない - iPadでブログを

三日坊主、っていうのはさておき、
ここ数ヶ月、せっかくのiPadを有効に使いたいのもあって、
アプリが有能なブログを点々と探してきました。

■最初はfc2の継続を考えたが、アプリが弱い
最初は学生の時にずっと2ページ掛け持ちしていたfc2が候補に。
メリットはなかなかたくさんあって、サイドバーのプラグインが多く、
CSSの知識があれば結構細かくカスタマイズできるのが楽しいんですよね。

しかし、期待とは裏腹にiPadアプリがあまり使いやすくない。
正確にはiPhone向けアプリとして出ているものをiPadで落とすという。
iPadでiPhone向けアプリを開くとかなり荒い画面になるんですよ。

そもそも、小さなモバイル端末で短文のブログを書くなら、
Twitterに投稿した方がマシなわけで。

■次にTumblrを考えたが、ブログとしては物足りない



iPad向けアプリは結構使いやすいものがあります。
その名は「Tumblita」。これがあれば、iPadからの投稿は楽。
しかし、問題はTumblrの機能そのものです。

まず一つに、そもそもTumblrはアーカイブ機能がありません。
(ないわけではないがサイドバーに気軽に表示できない)
TumblrはTwitterのように流下性の強いツールなんですよね。
これでは、ブログのような分類分けした蓄積が出来なくなる。

もう一つはアクセス解析が見当たらないことです。
探せばあるのかもしれませんが、モチベーションを高める上でこれは重要。
以前のブログは毎日数百人見てくれていたのが見て取れたので、
それが書き続ける意欲にも繋がりました。

■他にもBlogger、はてぶ、evernote(もはやブログではないが)、アメーバなどなど。
色々漁っていたけど、なかなか見当たらず。

■そんな時にso-netブログを見つけた。アプリも凄くいい。
今、このエントリーもiPadアプリから書いています。
かなり使いやすいアプリだと思います。シンプルイズベスト。
下書き保存はもちろん、iPad内の写真を添付するのも簡単だったり。



普段写真を撮ると、最初にiPadに入れて、
気が向いた時にMacと同期してiPhotoに蓄積という流れなので、
iPadに取り込んだタイミングでブログを書けるのは結構嬉しいです。

ちなみにブログ機能としては、可もなく不可もなく。
カスタマイズやプラグイン的なものも簡単に利用しやすい雰囲気です。
種類の項目数はfc2とは雲泥の差ですが、
あまりガチャガチャしたくないのでこれはこれで好みかも。

ブログの環境に高望みしすぎなのかもしれませんが、
ルーティンを続けやすい環境づくりを心掛けるというのは、
決して悪いことではないと思います。

三日坊主かとは思いますけど、そこはご愛嬌。笑

NYのイエローキャブが日産車に [時事ネタ]

「イエローキャブ」日産車に NYタクシー、13年から順次お目見え
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110504/amr11050408440004-n1.htm

image-20110504193921.png

イエローキャブといえば、大型セダン車というイメージがありますね。
僕はNYに行ったことはないけど、NYの代名詞的なシンボルのひとつに、
イエローキャブのタクシーがあると思います。

そういえば、
最近観た映画で「東のエデン」にも登場するシーンがありましたね。
NYを舞台にした映画では何度もこのタクシーが出てきていて、
日常では見かけないあの車体にはなかなかのインパクトがあります。

黄色は、遠くからみて一番見つけやすい色であり、
そういう根拠があって、あの車体は黄色で統一されているんだそうです。

といっても、あれだけいっぱい走っていると、
その効果も薄れる気がしないでもありません。笑

機能美の一種かどうかはよく分かりませんが、こういった統一感が
文化的に根付いてアイデンティティーを持つというのは面白いものです。
たぶん、どんな町にもそういうものはいっぱいある。

車といった製品にかかわらず、
衣食住にそういうものが見え隠れする。



IS06を購入しました [Android]

IS06を購入。

iphone/image-20110502200422.png

長所の一つは、薄さと軽さ。
iPhone4と比べてもこの点は優っていますね。胸ポケットに入れても気にならないほど。

iphone/image-20110502200442.png

もう一つは、マット素材のサラサラ感。
指紋がつきやすい僕としては、この質感は決定的な購入理由のひとつでした。

ハード面に関しては文句なし。強度もあるし、短所は見当たりません。

一方でソフト面。
長所は基本的にないのですが、短所も特になし。
至って標準的で癖のないインタフェースですね。

強いて気になる点といえば、Eメール標準クライアントアプリ。
グループ分けすらできないという使い勝手の悪さです。

gmailのラベルみたいな使用方法が身に染み付いているので、
まぁいっかという感じではありますが。(メール自体あんまこないし(;´Д`A

それにしても、この端末は買って正解だと思う。がっつりAndroidを使いたい欲望もなく、
iPhoneよりどちらかと言うとAndroidがいい、というライクユーザー希望者にはベストかも。



ビンラディン死亡に歓喜する米国 [時事ネタ]

国民性というものか。

ある他国ではロイヤルウェディングで、
国を総じて歓喜しているというのに。

仮にもし、
日本で極悪犯罪人が死刑になったとしたら、
「気が安らぐことはない」と一蹴するんだろうな。

世界が平和でありますように。


旧ブログから引っ越し

学生時代に徒然と書いていた下記のブログから、お引っ越ししてきました。
http://mode295.blog105.fc2.com/

-|2011年05月 |2011年06月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。